鶏卵の雌雄鑑別によるビジネス

2019315日 株式会社サクセス


現在、新雛の殺傷禁による鶏や鶏卵の値上がりが懸念されている。ドイツでは殺傷を避けるためにDNAによる卵の雌雄鑑別システムを開発した。 しかし、設備投資が膨になり、値上がりは解消されない。

養鶏において、鶏卵を産む事が出来ないオスのヒヨコは、肉用鶏として飼育されるものを除き、その多くが殺処分されている。

米国の食品・農業研究財団(FFAR)によると、その規模は世界全体で年間60憶羽にのぼり、アニマル・ウェルフェア(動物福祉)の観点から課題となっている。

卵による鑑定技術が構築されたことで、新生雛の殺傷を解消でき、それどころか養鶏業界が待望している、あらゆるテーマが一挙に解決できることになった。

1.羽毛鑑定の出来る鶏種は必要でなくなり新生雛の殺傷問題を解決できる。

2.新雛の殺傷が世界中で皆無になることで、懸念される鶏卵と鶏コストは上昇するどころか逆に下がる。

3.や豚に代わる蛋源確保の戦略が実現出来る。その結果、地球の環境改善に貢献出来る。

4.鶏種について、成が早く、感の良いオスの若鶏だけを産出来、メス卵は鶏種の増産に専念出来る。

5.余剰となる鶏種のオス卵、卵種のオス卵は蛋源及び料として世界の人口増に対応出来る。

6.慢性的に不しているワクチンに種卵を供給出来類の命維持にく貢献する。

ビジネス規模

鶏卵の生産で殺傷されるオスの卵を弁別するには60億×1.2×2144億個の有精卵を鑑別する必要がある。

項目5に於ける鶏肉種のメス卵を弁別するには70憶×5×2.4840億個の有精卵を鑑別する必要がある。

合計984億個の鑑別需要があり、鑑別費の平均を10円とすれば年間8400憶円のビジネスとなる。

一方、孵化の設備能力は2倍になるため、蛋白源や食糧確保の戦略からは鶏肉と鶏卵の増産に対し、問題は無い。

従ってビジネスは年間1兆7千億円に近づく。種鶏業者の利益は5倍以上に膨らむため10円の鑑定料は全く問題ない。一方ビジネス利益は装置のシンプルさから80%を軽く超える。すなわち極めて近い将来の人口増を考えると1.6兆円/年の利益を出す。

下記の資料は卵の雌雄構造を数式で表した特性であり、雌雄鑑別は現実となった。



トップページ


株式会社サクセスの社長である、川口喜三郎の会
喜楽の会です!
奇跡を呼ぶ癒しの世界をご覧ください。
尚、喜楽の会開催日程もご確認できます



トップページ商品紹介ご注文マップ会社案内お問合わせ
お電話お問合せ
ご注文(月~金)9:00~17:30
お問合わせ(月~金)9:00~17:30
※土、日、祝、はお休みです。
FAXお問合せ

24時間受付
会社案内
〒849-2305
佐賀県武雄市山内町宮野24765-38
株式会社サクセス
Mail info@success68.com
免責について  当サイトで使用されている全ての画像及びタイトルロゴマークの転移を禁止させて頂きます。

 Copyright (c) Success,ltd. All Rights Reserved